ホーム >サービス案内 >SES(システムエンジニアリングサービス)

サービス案内

SES(システムエンジニアリングサービス)

インフラ領域に特化したSESサービス

SES PHOTO

当社のSESは、インフラ領域に特化することで、IT業界において、特に重要視されるコアなテクニカルスキルを有する、スペシャリスト集団として、クライアントへのサービス提供を行っております。

主なサービス内容は、

主なサービス内容

といった、各種基盤系のプロジェクト支援となっております。

なお、クライアントの業務が多様化する現在のビジネス環境下においては、インフラ領域においても、特定分野だけでなく、各種分野が横断可能なテクニカルスキルを有する「フルスタックエンジニア」が必要であると考えております。

例えば、「ネットワークスキル+サーバスキル」、「ネットワークスキル+セキュリティスキル」等、多岐にわたるITサービスに対応可能なエンジニアを育成し、クライアントへご提案することで、顧客満足の獲得を目指しております。

対応スキル

対応ハードウェアベンダー(ネットワーク)

Cisco, JuniperNetworks, F5, A10, ArrayNetworks, Fortinet, BROCADE, Yamaha

対応OS

Linux (RedHat, CentOS, Debian, Ubuntu)
UNIX (Solaris, HP-UX, AIX)
Windows Server 2008, 2008R2, 2012, 2012R2

対応ミドルウェア

JP1, Apache, Tomcat, WebLogic, Cosminexus, HULFT, ARCserve

対応ハードウェアベンダー(サーバ)

OpenStack, CloudStack, AWS, Azure, VMware, IIJGIO

データベース

Menlo Security, FireEye, Imperva, Palo Alto

エンジニアに求められるヒューマンスキル

ヒューマンスキル テクニカルスキル

重要視のポイント

言葉だけでは上手く表現することが出来ない、クライアントの要望を正確に汲み取り、 IT技術を駆使してクラインアントの要望を実現させるエンジニア。そこには、最先端のテクニカルスキルはもちろん、「ヒアリング力」、「提案力」、「交渉力」といった、ヒューマンスキルが必ず必要となります。

 

重要視のポイント

これは、テクニカルスキルだけでも、ヒューマンスキルがあるだけでも、実現不可能であり、 双方のスキルを併せ持つエンジニアだけが、クラインアントの要望を実現させることができると考えております。

また、クライアント先のエンジニアが抱える問題は、当社が抱える問題であると捉えることで、 プロジェクトを担当するエンジニアだけではなく、常に全社を挙げてクライアントに向き合ってプロジェクトに取り組んでまいります。

主な対応業務

主な対応業務 内容