ホーム >事例紹介>【事例紹介】試験の合格率がLPIC1が100%、CCNAも90%近い結果に!

事例紹介

Case02【toreruどう】試験の合格率が LPIC1が100%、CCNAも90%近い結果に!〜0903様〜

事例紹介

【0903株式会社 営業部:安居院様、倉持様】

 

1.まずは率直に「toreru」を導入した結果はいかがでしたか?

満足しています。 試験の合格率はLPIC1が100%、CCNAも90%近い結果になりました。2週間でCCENTまたはLPIC1、1ヶ月でCCNAの資格が取得できているという結果に、社員も大変満足していますし、自信がついたと喜んでくれています。 

また、活用した社員のプロジェクト参入に向けた動きの幅が広がったことは大きいと感じています。というのも、弊社では雇用推進事業として、未経験者の積極採用と、キャリアアップに向けてITプロジェクトに取り組むための支援を行っているのですが、資格を持っているということは、やはりある程度、基礎知識を持っていると判断してもらえ、プロジェクトリーダーやパートナー企業様との業務に関わる打合せが非常にスムーズになっています。 

そういった側面からも、教育研修にプラスして、「toreru」を活用することにより、未経験者の育成体制を以前よりも整えることができているのではないかと実感しています。 会社としても資格保有者が増えるということは、企業価値の向上にも繋がりますので、引き続きサービスを活用していきたいと考えています。

 

2. 「toreru」の導入に至った背景を教えてください。

会社として、「人に場を与えていく」という考えのもと、未経験者採用を積極的に進めていますが、未経験者の初期教育に対する課題はこれまで常に抱えていました。 

「toreru」を含めたGFD社の研修サービスを利用する以前は、自社のエンジニアを中心とした社内研修を半年間ほど実施しておりました。弊社オリジナルの教育体制にこだわることで、アットホームかつ楽しく勉強ができるというものです。

試行錯誤しながら研修プログラムを作り上げていくので、とても楽しく、教育担当の社員もやりがいを感じてくれてはいたのですが、時期によっては、自身の業務が忙しくなったり、プロジェクトにおける急な対応に追われることがあり、なかなか一定の時間と、一定の質を保つことが難しくもありました。 

そのような状況で、弊社の社風を理解し、大切にしてくれながらも、質の高い教育と、「toreru」のようなサービスを活用させてもらえるGFD社さんとの出会いは大きかったです。実際に講師の方とお会いさせていただき、打合せを重ねていくなかで、講師の方だけではなく、GFD社さんの社員みなさんの人柄にも温かみと魅力を感じて、お願いすることに決めました。

 

3.どのように「toreru」を活用されていたのですか?

基本的には会社から「ああしなさい、こうしなさい」というような指示は行っていませんでしたが、試験前は「toreru」を何度も読み込み、集中的に活用してもらうようにしました。 スマホも勿論ですが、弊社の社員はどちらかというとPCでの活用が多かったみたいです。日々の学習時間も1、2間程度ではありましたが、集中して学習できるので、あっという間に時間が経ってしまっていたようです。 社員からは本当に勉強しやすいという意見が圧倒的です。 試験後には、「独学では絶対に無理でした」といった発言も社員から聞かれました。

「toreruをやっていれば試験は受かる」なんていう社員もいましたね。 ポイントを押さえて効率的に資格学習が実施できるのは非常に良く、「受かる!」という自信にも繋がり、それがエンジニアとして成長しているという手ごたえにもなっていたようです。

 

4. 今後、弊社や「toreru」に期待することは?

今後はjavaなどの開発側のエンジニア育成にも力を入れたいと考えています。また、女性の未経験者雇用も進めて行きたいと考えており、オフィス系のスキルとしてエクセルVBAやアクセスなどにも力を入れていきたいと考えていますので、幅広い分野でtoreru を活用できるようになると、とてもありがたいです。

 

導入事例